夜ののんびりウォーキング一覧

夜ののんびりウォーキング

若いころはウォーキングなんて、絶対やらないと思っていました。

ジョギングならわかりますが、ウォーキングなんてする訳がないと思っていました。

ところが50歳を過ぎたある日にウォーキングを始めました。

急にウォーキングしたくなったのです。

1日1時間のウォーキングが始まりました。

夕食が終って、7時半ごろから歩きだします。

とにかく、楽しく歩いています。妻も一緒に歩いてくれます。

昼間は日焼けがいやなので妻は一緒に歩いてくれません。

ですから、夜のウォーキングになりました。

夜の方が体の負担も少ないように思います。

この歩いている時間が夫婦の大事な時間になりました。

二人でいろいろしゃべりながら、歩きます。

私より、妻がよくしゃべります。

私はどちらかというと聞き役になっています。

私がしゃべる時はなるべく会社の愚痴を言わないようにしています。

それは夜空がきれいだからです。

会社の愚痴はきれいな夜空ににあいませんよね。

星がきれいな夜。月がきれいな夜。空を見上げながら歩くのはとても心が落ち着きます。

空を見上げると自然と胸を張るので、とてもいい姿勢で歩くことになります。

夜の街も好きです。昼間とは違う感じです。

照明できれいに見えるお店が好きです。

ライトアップを工夫されているお店は素敵です。

ケーキ屋さんはとても、きれいです。

今度、昼間に来て買おうかなといつも思ってしまいます。

夏は家の近くにあるコンビニに寄って、ついついアイスを買ってしまいます。

50分近く歩いたので最後の5分はご褒美で歩きながらアイスを食べます。

これがまた、美味しいんです。

ダイエットを本気でやろうと思ってウォーキングしているわけではありません。

ストイックな感じでウォーキングしていません。

緩やかな感じでのんびりと歩いています。

クラブチャティオ

スピードで評判上々

頼むとすぐにしてくれた女子社員がいました。

かつて私の下で働いてくれた女子社員です。

とにかく、早かったです。

自分の仕事は完全に後回しにしてくれます。

そして、私の頼んだ仕事にすぐにとりかかってくれていました。

すぐやる。面倒臭いと思わずすぐやる。

これは簡単なようですが、なかなかできることではありません。

仕事の質に自信が持てない場合は量で勝負します。

でも、量では質を超えることができません。

スピードはどうでしょう。

スピードは質を超えることができるでしょうか。

「超高速行動」をすれば、新しい展開がおこるかもしれませんね。

とにかくスピードです。

超高速の行動をするとそれは強烈なメッセージになります。

普通の速さではダメなんです。

常識破りの早さでないとインパクトはありません。

これは仕事が早いということではなく、決断が速いということです。

すぐにやろうと決断することが大事なんです。

22歳の彼女は頼まれたことは断らずにすぐやろうと決めたらしいです。

できるかどうか、わからなくてもまずは引き受けるのです。

上司が自分に頼むことなのでやればできることに違いないと思っていたそうです。

まるっきりできないことは頼まないだろうと安心していたそうです。

当時40歳過ぎの私が22歳の女の子の行動を真似してみました。

「頼んだ人はすぐにやってもらうととても嬉しい」

これは自分が嬉しかったので間違いありませんよね。

私も社長や上司に頼まれたことをすぐにやることにしました。

評判は上々です。

「もうできたの。」と喜んでくれます。

とにかくすぐにやります。

量でびっくりさせるのは仕事量をかなりしなくてはなりません。

これは大変です。

スピードならその時にすぐやる決心さえできればいいのです。